しもしもさん家のブログ

イラストでしもしもさん家の日常を綴ります!

保育園で使える髪ゴムを考えてみた

保育園の求める髪ゴムには矛盾が存在

しもしもさん家の娘たちはみんな保育園に通っています。

 

そして、長女ザルの髪は肩より少し長めなので、ほぼ毎日髪を結んで登園しています。

 

娘たちの通う保育園では、

・髪が長い場合は紙ゴムで結ぶこと

・髪ゴムは飾りのないのシンプルなもの

持ち物すべてに名前を書く

 

と、決まっているのですが、

 

長女ザルには、飾りのないものだと名前が書けないこともあって、リボンなど小さな飾りのついた髪ゴムで結んでいました。

(あと、長女ザルはすぐになくしてしまうので名前は必須なのです…)

 

今日までとくに注意されることなく過ごしてきたのですが、

 

本日、とうとう注意されちゃいました。

 

先生 

「小さい子もいるので、もしも取れて食べちゃうと危ないので、飾りのないシンプルな髪ゴムでお願いします。でも、飾りとかがないと名前が書けないですよね…

 

ママウマ 

「・・・(シンプルな髪ゴムにしたら名前はどうしたらいいの?)」

 

そう!!ママウマは

シンプルな髪ゴムだと名前が書けないから名前が書けるように小さな飾りのある髪ゴムにしていたのに…

 

でも、もしも取れて、誰かが食べたりしたらそれはそれて大変なことになるので…

 

仕方ないです。

 

と、いうことで、ママウマ考えてみました。

 

名前の書けるシンプルな髪ゴムを作ってみた

どうしたらシンプルな髪ゴムに名前が書けるのか考えてみました。

 

ゴムに直接名前を書くのもアリかとは思うのですが、

小さな子どもの髪ゴムって小さめで、さらにゴムも細いので、そこに名前を書くのは至難のワザなのと、たぶんですが、にじんでしまうかと…

 

そこで、ママウマは

名前の書けるシンプルな髪ゴムと作ればいいのか!

と考えたのです。

 

準備したものはロングヘアゴストローハサミの3つです。


f:id:amama30s:20210319123059j:image

 

①ロングヘアゴム必要な長さに、ストローは1~1.5cmの長さにハサミで切ります。

②ヘアゴムにストローを通して、ヘアゴムの端と端を結びます。

③ヘアゴムの結び目を隠すようにストローをかぶせます。


f:id:amama30s:20210319123112j:image

 

ストロー部分に名前を書けば完成

(名前シールなどでも可)


f:id:amama30s:20210319123144j:image

 

とっても簡単なので、保育園や幼稚園で使う髪ゴムにお困りでしたらぜひ作ってみてください。

 

ちなみに、アゴムの色とストローの色の組み合わせは無限大なので、オリジナルの髪ゴムが作れちゃいます!

 

 

 最後に、

ママウマとしてはこんな感じの(今回作ったような)髪ゴムがダイソーやセリアに売ってあればいいのになぁ~!と、思ってしまいます。